白い筒の中で・・・。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

アイボの屍を超えてゆけ

みなさんは、俺の屍を超えてゆけと言うゲームをご存知でしょうか?

舞台は平安時代、鬼や妖怪がうろうろと、そんな中忌まわしい二つの呪いを受けた一族がいた。
一つ目の呪いは、数時間で成長し、数時間で死ぬ。
二つ目は人間と人間では子孫を残す事ができない。

早速プレイしてみました。
本当はプレイ画像とか貼るべきだったのですが、忘れていました。あと画質が汚いというのも・・・。

どうやら、当主の名前は自分の名前がいいのだと、感動が薄れるそうです。

そして、嫁選択。待ってましたよ。
上に書いてある人間と人間では子孫を残す事ができないので嫁にするのは神様と交わります。

女の子がうまれたそうです。そしてまた名前付け、これは子孫残す度に名前つけるのかと思うとダルくなってきました。

名前:水紀 [水の神様と交わったからこういう名前に決定]

そして、初の出陣!

敵の鬼や妖怪が現われるのですが、どうやら敵のリーダーをやっつければ戦闘終了らしいです。
2~4まとめてかかってきてもリーダーを倒すと終わり。単純です。

そして、レベルも上がり家に帰宅。
するといきなり、お手伝いのイツ花と言う娘が、「どうやら、命が果てる時がきたようです」

それって自分の事?数時間で死ぬって言ってたし。

イツ花「水紀様が亡くなられました」


どゆこと?たった一回で我が娘が死ぬだなんて・・・。

説明書を確認、健康状態が危険な時に帰宅してしまうと死んでしまう事があります・・・。
なんでマップを走ってるだけで健康度減って死ぬんだよ・・・。

そして死に際に水紀が、「私、もしかしたら化けて呪うかもしれないよ?・・・ウフフ冗談かもね?」
・・・冗談かもね?なんだか怖いです。

そして一人で無謀にも鬼、妖怪退治。もちろん自分も死にました。
みなさんも「俺の屍を超えてゆけをプレイして見ては?








スポンサーサイト

あの中央にある剣の意味はいったい・・・?

ども。クリスマスをいつも通りに過ごしたアイボリーでございやす!

今日は、久々にデパートのゲーセンに行って参りました。
何をしようかと色々見ていたら、妹が。

「カードゲームのドラクエやってみてよ」

いや・・・しかし・・・お昼時なのでちびっ子達がわんさかと・・・。
でもいつの間にか席に座ってる自分・・・。

視線を画面に集中するんだっ!・・・回りみると恥ずかしくて死ぬぞっ!
そして、プレイしたらもらえるカードを手に取る。

「炎の戦士」

・・・こいつ嫌いなんだよね・・・だってさ・・・メラミしてくるん(以下ry

せっかくなんでこいつを使ってみる事に・・・

ん?

・・・アレ?

・・・・・スキャンしてくんないよ?

ちょっとスタッフー、スタッフーと心の中で思う自分、妹爆笑。自分死にたい。

前やったときもスキャンできなくて、合体できな(以下ry

と色々困っているとそこに。

「大丈夫ですか?自分のカード貸してあげましょうか?」と中学生くん

「ええっ!?・・・はは、スキャンできなくて・・・」

と言うと、カードをすかさずスキャンしていく中学生くん

そしたら、色んな強そうな鎧とかのカードをスキャンしてくれました。
そして、「ついでにスペシャルカード貸しますよ」とスキャンしてくれたカードそれは・・・。

「ゼシカのぱぷぱぷ」

この中学生・・・できるっ・・・!
自分がドラクエⅧで戦闘でずっとゼシカにさせていた神技を(以下ry

「これで勝てると思いますよ」と中学生くん

うれしかった反面、すごく恥ずかしかった・・・。

そんなこんなで中学生くんにスキャンしてもらったものでバトル。
なんか自分のターンの時にタイミングよくボタンを押していくらしいです。
しかし、戦闘シーンを見ていてボタンを押すのを何回か忘れていました・・・。

そして見事!中学生くんのカードを借りて・・・

・・・

・・・

・・・

・・・負けてしまいましたOTL

やっぱり負けたのは説明を飛ばしたのとボタンの押し忘れでした。

でもありがとう中学生くん・・・おかげでゼシカのぱぷぱぷ見れたよ・・・。

みなさんも一度ちびっ子の中に入って勇者になって見ませんか?

PA0_0046.jpg

↑ゼシカのぱぷぱぷを見れてテンションが上がる自分。








上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。