白い筒の中で・・・。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ペルソナ・ペインティング!


あっ、もしかして漫画やゲームのペルソナでは?
と思った方。残念違います。今日は買ってきた心理術をちょこっと書きたいと思います。

ペルソナ・ペインティング「待たされてもイライラしない方法」

ある大学で「講師」「准教授」「教授」のそれぞれの場合において
「学生がどれだけ待つか」を調べた結果!

講師:10分程度
准教授:20分以上
教授:30分以上

つまりですね、相手に対する評価に応じて待つ時間を変えると言うことなのです!
毎回アナタを待たせる相手はもしかしたらわざと遅れて来ているのかもしれない・・・
つまり、アナタの時間を消費させることでアナタが自分(相手)のことをどれほど大切に考えているかを調べようとしているのかもしれません。

そこで、対処法です。
「そういう時は待ち時間を自分のために使ってしまうこと」なのです!

読書をしたり
メールしたり
勉強したり
とにかく自分のために何かをするのがベスト!

何もしないで待っていると相手は心のどこかで
「自分のためにこれだけ待たせた」→「自分にはそれだけの価値がある」
という優越感を持ってしまうのです。

しかしもし何かの作業をしていれば自分もそんなにイライラしないし相手も
「忙しかったのに悪かったかな」
と悪い気なったりするのだそうです!

まぁ、最近にはみんな携帯いじっててイライラなんてしないと思いますが・・・。

ちなみに「ペルソナ」と言う意味は
人のつける仮面のことで、転じて人格そのものを表すそうです。

スポンサーサイト

バッタ「・・・ふふふ、駄目だ、まだ笑うな・・・しかし・・・」

今日も電車に揺られて、帰宅する私。
席に座りながら、いつも停車時間が長い駅を待つ。
(今日も停車時間なげーなー)などと思いっていると・・・。
2匹の無断乗車を発見しました。
一匹目は、バッタくん。体が緑色なのですぐわかった。
二匹目は、なんかわからんが黒い虫。乗車してきた時から、窓に向かって飛んでいる。
周りの人は全員無関心であった。(周り5、6人)

そして、電車は無断乗車をする虫を連れて、出発した。

・・・しかし、黒い物体はどこへ行ったのだろうか?ドアが閉まって、出発した所まではいたのだが・・・見失ってしまった・・・。
もう1匹のバッタはずっと電車の座席の所にいる。こいつは跳び疲れたのだろうか。

この瞬間ある言葉が浮かんだ・・・

(こっち跳んでくるんじゃ・・・)

いや・・・それはないだろう・・・確率的にはあまりにも低すぎる・・・。
そう考えていると、腕に鳥肌が立っていた・・・。
自分は、蝶やカブトムシ、毛虫・・・そう、虫が苦手なのである。
こっちに跳んできたときには・・・そりゃあ・・・もう・・・。

色々考えているうちに、地元の駅に近づいた・・・。
バッタは足を動かすがすぐにピタッと止まる・・・。


地元の駅についた!

この瞬間バッタから何かが聞こえたような気がする・・・。

バッタ「計 画 通 り 」


ブーーーーーーーーーーーーーーン!!!

アイボ(うわっ!ドアが開いた瞬間こっちに跳んできやがった!)

びびりつつも悲鳴をかみ殺し、小走りで、電車からでていきました・・・。

終。

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。